2016年10月15日

本田昌毅の最短9分!パニック障害克服プログラム 睡眠不足に注意

 規則正しい生活リズムが回復の近道
精神科医 本田昌毅先生監修の最短9分!パニック障害克服プログラムは、症状を悪化
させる併発しやすい不眠(睡眠不足)を撃退させる効果的な熟睡法も分かり、より短期間で
改善が見込めます。

panicsyougai05.JPG

>>パニック障害克服プログラムの詳細を見てみる



睡眠不足もパニック障害の症状を悪化させる引き金になるので注意が必要ですね。
そもそもパニック障害の人は、病気のせいもあって生活がどうしても不規則になりがちです。


特に発作がまた起こるのではないかという不安や、心理面のストレスなどでなかなか眠れず、
睡眠不足で朝起きれないということになり、その結果、昼夜逆転の生活になってしまうことも多い
ものです。


ですがパニック障害の回復の為には、まず、こういった生活リズムを改めることが大切なんですね。
そして、この生活リズムは体内時計によって調整されており、不規則な生活を続けていると、その
リズムが乱れてきます。


この体内時計には、日々の生活リズムを調整し維持するだけではなく、体内のホルモン分泌や自律神経
をコントロールする働きもあるので、睡眠不足などで体内時計のリズムが乱れてしまうと、それらが異変
を起こしてしまうのです。


そうなると、自律神経は緊張状態が続くようになり、発作も起こしやすくなります。
更に、自律神経は内臓の働きも調整しているので、血圧の不安定を招いたり疲れやすくなったり、抗ストレス
ホルモンの分泌が減りストレスに弱くなるなど、心身に大きな影響が出てきます。


その為、パニック障害を改善するには、夜更かしなど睡眠不足にならないように、まず生活のリズム
を正して、体内時計のリズムを整えることが大切なんです、


とは言え、仕事や家庭の環境で、生活リズムを正す不眠対策が難しい方も多いでしょう。
そのような方でも、この精神科医の本田昌毅先生監修の最短9分!パニック障害克服プログラムでは、
もっと直接的に体と心に働きかけて、不眠を解消する方法が紹介してあるので無理なく行えます。



いずれにしてもパニック障害は、うつと同様に不眠(睡眠不足)も併発しやすい症状の一つです。
今はぐっすり眠れるという場合でも、ほんのささいなきっかけで不眠に悩まさ症状が悪化することも
あるので、対処法の一つとしてこの機会に知っておくと良いでしょう。

不眠撃退!ぐっすり熟睡法をお教えします!

パニック障害克服プログラムの詳細を見てみる



2016年09月13日

本田昌毅の最短9分!パニック障害克服プログラム 職場の対応

 職場に迷惑が掛かると悩んでいませんか?
精神科医 本田昌毅先生監修の最短9分!パニック障害克服プログラムは、職場の対応にも
参考になります。

panicsyougai06.JPG

>>パニック障害克服プログラム,の詳細を見てみる



職場には人間関係や過重労働など、様々なストレスがありますね。
職場のストレスが原因で、出勤を拒否する職場不適応者が増えており、職場に迷惑がかかると
悩んでいる人もいらっしゃるでしょう。


実際に、仕事で体が疲労するという労働者は7割以上、ストレスを訴えるのは6割以上にも
のぼるという調査結果もあるほどです。


そして、ストレスはパニック障害をはじめ、心の病になったり、過労のはてに自殺をしてしまう
労働者も少なくありません。


このような会社の責任を問う裁判では、以前は労働者の責任との考えを示す判決を示すものが
殆どでしたが、近年では労働者に悪影響を与える労働環境を放置していた会社側に責任を問う
判例も増えてきています。


そんなこともあり、職場の人がパニック障害になったら、今の職場に大きなストレスがある表れ
かもしれません。


その為、職場ですべき対応としては、職場で起きてしまいがちな、パニック障害やその引き金にも
なるストレスを良く認識しておくことです。
その上で、本人に対して、精神科の専門医で診てもらうことをすすめ、温かく理解のある態度での
接し方などの対応が必要です。


いずれにしても、職場、家族などの周囲の人の理解は、パニック障害を治していくうえで
とても大切なんですね。


あいつは怠けているなどとは批判をしないで、親身になって受診を勧めるようにしたいものです。
また、労働者の一人ひとりがストレスを溜めこまないような仕事のやり方など考えることが、他の
労働者健康にとっても大切な事なんです。


また、パニック障害はうつ状態を併発することがあるので、「あれっ、何か変だ」と気づいたら
さりげなく休養を勧めてみましょう。
本人は休むことに罪悪感をもっており、自分の状態が分からないこともあるのです。


なお、この精神科医 本田昌毅先生監修の最短9分!パニック障害克服プログラムは、職場で
悩む上手な人間関係を築くことが出来る思考法や、予期せぬパニックに襲われたり、乗り物に
乗ると発作が起きるのに仕事上どうしても 電車に乗らないといけなくなってしまったなど、
パニックになった時に、発作を抑える意外な道具なども紹介してあります。


ポケットに入れて持ち歩くことも出来るので、気持ちの安定に大きな力となることでしょう。

本人はもちろん、職場の人などの大切な方にも
効果を発揮します!


パニック障害克服プログラム,の詳細を見てみる



2016年08月22日

本田昌毅の最短9分!パニック障害克服プログラム 良い医師とは?

良い医師からの治療を受けよう!
精神科医 本田昌毅先生監修の最短9分!パニック障害克服プログラムは、テレビなど多数の
メディアに取り上げられている心の病を治す専門医だからこその、実績のある効果が期待出来る
治療法になっています。

panicsyougai06.JPG

>>パニック障害克服プログラム,の詳細はこちら!



パニック障害は早期に治癒させるは良い医師にかかることが大切ですね。。
ですが、精神神経科を受診したことがない人は敷居が高いように感じてしまうものですが、やはり
専門の該当する科の先生に診てもらうかどうかは治療するうえでのポイントになってきます。


とは言え、いざ専門医を受診しようと思っても精神神経科や神経内科、心療内科など紛らわしい名前の
科がたくさんあるものです。
しかし、心の病を専門とするのは精神神経科なんです。


神経内科は、パーキンソン病やアルツハイマー、脳梗塞など、脳の神経細胞の変性などの病気と扱い
ますし、心療内科は過呼吸症候群や気管支ぜんそく、摂食障害などの心身症が主で、病院によっては
パニック障害や不安障害にも詳しい医師もいます。


また、パニック障害は、以前は心臓(不安)神経症などの病名で呼ばれていました。
神経症は心理的な原因によって起こる病気を指しますが、必ずしもパニック障害は心因によって起こる
わけではないことから、現在では使われなくなっているんですね。


もし、あなたが病院へ行って、○○○神経症と言われたなら、その医師はパニック障害について
詳しくない証拠と言えるでしょう。
その為、もっと心の病を良く知っている医師にかかったほうが良いです。


いずれにしても、良い医師と言うのは、パニック障害に精通していて、正しく判断してくれ、心と身体の
両面をトータルで診てくれる。
不必要に薬を出さず、治療方針をきちんと説明してくれ、話しやすく信頼でき、患者の話や訴えを良く
聞いてくれる医師です。


何より、行動療法や認知療法など、薬物療法以外の治療も考慮出来る医師です。
ただ、気をつけなければいけないのは精神科医なら誰でも良いと言うわけではありません。


パニック障害は、まだ新しい概念の病気なので、出来るだけパニック障害に詳しい医師のところに
行き診てもらうことです。


ただ、医者と患者には、相性というものあるので、なかなか良い医師に巡りえないということもあるでしょう。
更に、自宅から通院するには距離があって通院や受診が大変という方や、出来るだけ自宅で治療出来る
方法はないかお探しの方には、この精神科医 本田昌毅先生はテレビにも取り上げられるなど、治療実績
なども申し分ありません。


そんな本田先生が監修しただけに、この最短9分!パニック障害克服プログラムは内容も確かなので、
自宅で治癒させたい方には最適でしょう。

パニック障害克服プログラム,の詳細はこちら!




2016年07月25日

本田昌毅の最短9分!パニック障害克服プログラム 家族の対応(接し方)

 パニック障害の完治は、身近な家族の対応によって大きく左右される
精神科医 本田昌毅先生監修の最短9分!パニック障害克服プログラムは、病気への知識と
理解を深められ、患者さんへの家族の対応で心がけることなど、治療の大きな助けに
なれます。

panicsyougai08.JPG

>>パニック障害克服プログラム,の詳細はこちら!



ご家族の方のパニック障害の対応や接し方でお悩みではありませんか?
そもそもパニック障害の方の心のうちを考えてみると、相手の気持ちや気分を敏感に察知して、
まるでその気分があたかも自分の気分のように感じてしまうことが高いことです。


ですので、ご家族の方がおたおたして慌てたりすると、患者さんはその影響をうけてより一層
不安になってしまうんですね。


また、パニック障害の患者さんには、病気が発症する前から対人恐怖症的な心のあり方を持っている
人が多いと言われています。
これは、人からの評価を必要以上に気にしたりするなど、マイナスの評価を恐れ、しかられると
自分が否定されたと感じてしまい、心の傷が深くなります。


更に、パニック障害の人は怖がりでもあるんですね。
パニック障害の発作は、健康な人には分からないほど強烈で、死を覚悟するくらいな不安や恐怖に
おそわれることから、一度でもこういった経験をすれば、臆病になるのも無理はないでしょう。


ですが、ご家族の対応で良くありがちなのが、励ますつもりで「何にもこわいことないよ」といっても
本人にしてみれば、やっぱり分かってもらえないと孤立感が強まるだけなんですね。


それよりも、パニック障害の患者さん助けてもらえないことを恐れている訳なので、近くにいるから
大丈夫と言ってあげることが大切です。


ですが、家族などの周りの人が慌てふためいて大騒ぎすればするほど、患者さんの恐怖や不安感という
のは強まってしまうのです。
したがって、逆にいつもと変わらない家族の冷静な対応や接し方が患者さんの不安感が弱まるのです。


また、患者さんの病状の変化などちょっとしたことで、喜んだり不安になったりすることなく、通常と
変わらない対応や接し方をして、患者さんの出来ていることや良いところに目を向けるようにして、
認めてあげるようにして下さい。


そして、パニック障害という病気を正しく理解したうえで、あまり過剰に面倒をみたりせずに、
必要な時だけ手をさしのべるという対応をご家族の方は心掛けましょう。


なお、この精神科医 本田昌毅先生監修の最短9分!パニック障害克服プログラムは、ご自身で効果を
発揮するのはもちろん、大切なご家族や恋人などの大切な方のパニック障害の改善にも非常に高い
効果が出ているので参考にしてみると良いでしょう。


精神科医だからこそ提案できる治療方法!/span>

パニック障害克服プログラム,の詳細はこちら!




2016年01月12日

本田昌毅の最短9分!パニック障害克服プログラム 死の恐怖の対処法

 突然の死の恐怖や不安に襲われる方へ
精神科医 本田昌毅先生監修の最短9分!パニック障害克服プログラムは、死の恐怖などに
陥った場合などの対処法が分かり、不安や恐怖心を取り除くことで、より治療での改善効果
が見込めます。

panicsyougai06.JPG

>>パニック障害克服プログラム,の詳細を見てみる



パニック障害では、死の恐怖を感じて立っていることすら辛くなってしまうこともありますね。
ですが、発作時には強烈な症状に思えても、死ぬようなことはなく、治まると嘘のように消えて
しまいます。


呼吸困難や激しい動悸、震えなど、パニック発作時の強烈な身体症状があることから、湧き
上がってくる恐怖や不安から死ぬのではないかと思ってしまうのです。


ですが知っておいて欲しいのは、この恐怖や不安は、身体的な症状で起きているのではなく、体に
症状が出てくるのに合わせて、心の底から湧きあってくるものなのです。


パニック発作の原因は、未だにはっきり分かっていないことも多いのですが、これらの死の恐怖を
感じてしまうのは、脳の誤動作によって起こると考えれています。
そして、現在では脳内の神経伝達物質の機能に何らかの異常が生じて起こると言う説が有力です。


人間の脳は、140億個もの神経細胞があり、複雑なネットワークを形成していますが、直接には
神経細胞同士が繋がっておらず、神経伝達物質の力を借りないといけないのです、


そして、この神経伝達物質は今のところ30種類確認されており、その中でパニック障害に関係が
あると考えられているのが、ノルアドレナリンとセロトニンなんですね。


そして、ノルアドレナリンは命に危険が迫った時に、脳幹の青斑核というところから分泌される
のですが、パニック障害では何らかの原因でここがエラーをおこしやすくなって、命が危険でも
ないのにも関わらず作動してしまい、様々な症状があらわれていると考えらえています。


つまり、本当は、命が危険にさらされる時に稼働すべきものが、日常の生活でも働いてしまうことで、
そぐわない死の恐怖などの症状が出てくるのです。


したがって、パニック障害の発症の仕組みを理解して、治療に取り組むことが大切と言えるのです。
そして、この精神科医 本田昌毅先生監修の最短9分!パニック障害克服プログラムは、
死の恐怖などに陥った場合での、脳と神経をコントロールし、勘違いによる発作を正す方法が
分かり、より短期間で改善が期待出来るでしょう。


パニック障害克服プログラム,の詳細を見てみる



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。